シンプルな注文住宅

市川の注文住宅をシンプルにコンパクトに建てる

絶対に後悔しない注文住宅を建てる!

注文住宅だからできることがあります。それは無駄な装飾に支払う無駄な経費を省いたシンプルな注文住宅。好きなものに囲まれて暮らし得られる落ち着いた充足感、周りの目を気にせずのびのびと自分らしく暮らすことができる設計は注文住宅だから、安心安全に暮らすことができる設計は注文住宅だから。
市川市にシンプルな注文住宅の設計コンセプトはピッタリ合っています。
注文住宅を建てたいとはいってもお客様によって不安は様々で、「資金はどうなんだろう」「どのくらい打ち合わせに時間をとられるだろう」「家族数を考えたらどのくらいコンパクトに建てられるのだろう?」など様々なご相談があります。
弊社はお客様がこの注文住宅で良かった言っていただける、何年後でも後悔しないプランとシンプルデザインを提案いたします。
  • セミナー139665

    セミナー・勉強会

    家づくりで失敗しないために夫婦で学ぶ10のコト 資金計画やシンプルノートの設計コンセプト
  • okuyama946A1455

    資金計画・プラン

    資金計画相談。予算内で、無駄をはぶいたシンプルなデザインの住宅を提案
  • 市川市の注文住宅 M-1様邸 1-1-1

    シンプルノートの住まい

    ひときわ明るく。シンプルなデザインはメンテナンス費用も掛かりにくい。

シンプルかつ快適なプランの提案を市川市にて実施

理想的な家を思い浮かべてみてください。
一般的な家ではなく、理想の家を。

それはきっと、人目を気にせず、不便やムダを感じることがなく、家族がのびのびとできる空間のはず。
その空間を作り上げることは、家族の願いを叶え、将来を見据えながら理想的な家を形にした結果。
注文住宅の「デザインの素」は「家族の理想の暮らし」なのです。

注文住宅:デザイナーズ住宅 ≠ 高い

デザイナーズ住宅は高い!
このようなイメージをお持ちではありませんか?
それは、デザインという価値を付け加えるために無駄な装飾や設計を加算したり、建築家が作品作りに傾倒すると価格が上がります。だからそういう住宅は高いのです。

しかしこの概念はシンプルノートには無縁のものです。

シンプルノートには普通の家には当たり前にあるものがありません。
多くのムダを省いているからです。

例えば廊下。 
一つの家で廊下は6畳分ぐらいあります。部屋と部屋をつなぐための空間に100万円以上もかかるのです。廊下を必要としない間取りにできたなら、余計な建築資材を使わずに済みます。こういう無駄を省いていって質を落とさずお金の負担が軽減できます。

注文住宅であるシンプルノートは問題点を解決しながら、合理的で住みやすくすることをデザインと言います。

注文住宅:開放感 ≠ 外からの視線

「大きな窓を全開にして、気持ちいい陽射しと風を室内に採り入れたい」
誰もがマイホームに望むことですし、開放感が欲しくてリビングに大きな窓を付けます。
そして、その大きな窓はカーテンでいつも締め切りになるのも、当たり前の住まい方です。
なぜなら、安心感と家族の安全のためには、外からの視線をさえぎらなければならないからです。
安心と安全の方が開放感より大事なことだからですね。

開放感と外からの視線、この共存できない二つをシンプルノートの工夫が解決します。
カーテンや雨戸でなく、設計で外からの視線をシャットアウトするから、家ではのびのびとくつろいで自分らしくいられます。
こんなことができるのが注文住宅の魅力です。

子育て ≠ 散らかる

「収納を充実させて家の中、特にリビングはスッキリしたい」
誰もが思うことだと思います。
けれども現実は、テーブルの上は小物でゴチャゴチャ。
子供が置きっぱなしにしたり、大人も手直にあれば便利だからと置いたまま。
椅子には服が掛けてあり、床にはランドセルやおもちゃ。
毎日の繰り返しの中で、いつしか定着している雑多感。
こんなのイヤだと思っても、片付かない、そんな声をよく聞きます。

子育て中や暮らしが雑多にならないよう、シンプルノートの間取りが解決します。
家族の生活をできるだけシンプルになるよう工夫するのです。
片づけられない状況を作らないようにするのも、注文住宅の設計によります。

注文住宅 = 設計概念

家にお金を掛け過ぎずに、シンプルに建てて総コストを下げ、 その後の生活を豊かに暮らす。
暮らし方そのものをシンプルにするという概念のもとに設計を行う。

「より少ないデザイン」を目指し、デコラティブな要素を減らす事で本質的価値を見出し、 そのプロジェクトの目的を果たし得るデザインを提供します。
余計なものを削ぎ落とし大切なものにフォーカスを当て、伝えるべきものを確実に伝える、それが私たちのデザイン技術です。

シンプルという概念を持つ建築家が設計します。