市川市のリフォーム
「リフォーム めぐみ」

の評判

子供部屋のリフォーム工事を市川市にてご提案いたします

家の作りはそこに住むご家族構成や人数、ライフスタイルによって千差万別です。お子様のいるご家庭では年齢によって子供部屋をどうするかなど細かく考える必要があり、逆に子供の巣立った後、ご夫婦二人だけのご家庭でしたら、今のお住まいより間取りを狭く取るなど減築といったリフォームを考えてもいいかもしれません。

長く暮らしていくにつれ、今の住まいではもの足りなくなることや持て余してしまうことなどが出てきます。そんなとき、お客様の希望を叶えるリフォームの提案を市川市にて承ります。

家族の将来を考えたリフォームを市川市にて提案します

家庭の会話や団欒の時間は、リビングの位置で変わると言っても過言ではありません。誰もが通る位置にリビングを構えることにより、家族の交流が増え自然とだんらんの時間が増えるのです。例えば廊下の突き当りがリビングの間取りですと、2階から玄関へ直行できてしまうため家族の気配が感じられません。人間ですからどうしても最短で動きたいと考え、リビングに一端立ち寄る、という面倒なことは避けてしまいます。

今の子育て世代に人気のリフォームはリビング階段の間取りとなっており、これですと二階からリビングを通り玄関へ行く、という動線になりますので家族と顔を合わせやすく、出かける際の一言なども交わしやすくなります。成長するお子様の様子も見守りやすいため、目を離さずに家事を続けることができます。このようなリフォームを加えるだけでも家族同士のふれあいの時間ができ、会話も増えていくのです。

夫婦だけの生活を考えたリフォームを市川市にてアドバイス

お子様が成長し、住まいから巣立っていったあと、ご夫婦二人での生活が始まります。そのタイミングで夫婦中心の家に帰るため、リフォームを考えられる方も少なくありません。例えばもともとお子様が使われていた子供部屋を無くし、リビングやご夫婦の寝室を広くとる・使用しなくなった夫婦それぞれのスペースを趣味の部屋へなど、第二の人生をスタートさせるための様々な提案を行っています。

部屋数が多過ぎる・広過ぎて掃除が大変などでお困りでしたら、思い切って減築という手もあるかもしれません。また使っていない部屋を物置やクローゼットに変え、収納スペースを広く取るといったことも考えられます。リビングをコミュニティルームにし、友人との付き合いの場にするなど、お子様のいない夫婦だけで暮らす時間のための様々なアイデアをお出しすることができますので、お困りのことや理想をなんでもお話しいただけましたらと考えています。

木造住宅専門のリフォーム業者が市川市にてご相談を承ります

リフォームで最近人気の施工は子供部屋についてです。幼いうちから子供部屋というスペースを別に用意することにより、家族との会話が減りまた「子供の勉強習慣がなくなってしまった」と嘆かれる親御さんが多くいらっしゃいます。お子様に個室を与えることは何も悪いことではなく、自分だけのプライベートな空間も確かに必要ではあるのです。

しかし、一般的にお子様が1人で寝られるようになるのは10歳前後であることから、何も幼いうちから子供部屋を与える必要はないのではと考えられる方が増えてまいりました。
子供が大きくなり部屋が必要となったタイミングで子供部屋をつくるリフォームを施工することで子供との会話の時間が減るなどがなくなり、家族のだんらんの時間を増やすことができます。これまでの子供部屋の考え方を見直すリフォーム工事を市川市にて提案しています。